館長の独り言

鉄道村 便り

【ブログ】 「SLボイラー ’11帰郷」  〔2011/3/31〕

 三笠も、ようやく春めいてまいりました、館長のヨッシーです。

 今冬、SL(S−304号)の心臓ともいえる
“ボイラー”(丸く長い筒)の修繕を実施。
その間、ボイラー筒は北海道・三笠を離れ、海を渡り大阪の工場へ
ドックイン (大阪へひとり旅です☆)。

 そのボイラー筒が先日、帰郷したんです☆
約3ヶ月ぶりのうれしい再会、おかえりなさい♪

 巨大クレーン車で吊るされ、大事に・慎重に車輌本体へと
ひとまず接続(写真1枚目)。

 ボイラー筒は、修繕とともに、黒ずみが取れ、塗装もし直された
とあって、重厚感がより増したという印象☆ 水蒸気を作りだすのに重要な煙管も改修されました(写真2枚目・ボイラー筒内部の小さな穴)。

 接続後は、ボイラー筒を覆う 多数の部品を、ひとつひとつ
組立てていきます。組み立て所要は 8日間ほど。解体から搬出は
3日間でしたので、組立て作業の大変さが うかがえます。

 そうして、再び ひとつとなったSL・S−304号★の
平成23年度の営業運行は、下記を予定しております!

【SL乗車体験】・4月29日から10月16日の土・日曜、祝日
          ・7月23日から 8月15日までの夏休み期間は、
         ※休村日を除き毎日!
         (※休村日・・・7月25日、8月1日、8日)

【SL運転体験】・5月 7日から10月16日の土・日曜、祝日
          ・7月23日から 8月15日までの夏休み期間は、
         ※休村日を除き毎日!
         (※休村日・・・7月25日、8月1日、8日)

 新調されたSLの 力強い走りを感じられるのが、
今から待ち遠しいですね!!

三笠鉄道記念館 館長 ヨッシー

▼関連リンク
SL・S-304号ボイラー修繕へ!



このページのTOPへ